読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEODEAD GAME BLOG

ゲームを思考する

Fallout 4 Impression

「Fallout 4」★★★★☆ 2015年12月17日の発売から1年以上が経過してしまったが、私なりの感想を残しておく。 まずはじめに、本作は「Fallout 3」と「Fallout: New Vegas」の延長線上にある作品として地続きであること、そして核戦争後の退廃的な世界観はそのま…

Farcry 4 Part-1

「Farcry」シリーズは1を除いて全て取り組んできたこともあり、それなりに愛着がある。 とはいえ、現時点での最新作となるこの4については、3とほぼ変わらないという評価を多く目にしたこともあり、プレイするのをこれまで控えていた。 というのも、「Dead I…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-25

ということで、前回の記事から引き続き、トリスとの関係性を改めて確認するサブクエスト「またとない機会」をスタート。 本作はサブクエストのシナリオが丁寧に練られており、それによって主要キャラが一段二段と躍動していくので、こうした寄り道は必須だと…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-24

前回と話が前後してしまうが、今回はサブクエスト「生死に関わる問題」について。 トリスと仮面舞踏会に出席してちょっといい雰囲気になるクエストだ。 身支度を整え、仮面を付け、街外れの邸宅に向かう2人。 準備は万端である。 このクエストではある人物の…

Mad Max Part-1

全世界待望の、と言っても大袈裟ではないだろう。 今年見事に復活を遂げた「Mad Max」のゲーム版(日本版)が、海外から遅れること1ヶ月、10月1日にめでたく発売された。 なにしろ映画の方は公開初日に劇場へ駆け付けるほどのファンでもある。 しかしながら…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-23

前回から20日ぶりの更新となる「The Witcher 3」。 引き続き、ダンディリオン探しでノヴィグラドの街を徘徊するゲラルト。 終いには疲れてご覧の有り様である。 このシーンはプリシラとの演劇の打ち合わせ中に発生する。 ダンディリオンの居場所は分かったの…

Outlast Part-4(完)

「Outlast」もいよいよ終盤である。 前回、ハサミ男から拷問を受け、指を数本欠損してしまった主人公。 それでもカメラ片手に逃げ道を探す無限ループ地獄、これが「Outlast」だ。 舞台となる病院内はそれほど広くないが、あっち行けこっち行けと何度も指示さ…

Grand Theft Auto V Part-1

何事も3度目の正直という事がある。 この「GTAV」については発売当初にXbox 360でプレイ済みだったが、途中で挫折。 その後、高解像度にリマスターされたPS4版のDiscを購入するも、序盤で挫折。 そして今回、シルバーウィーク限定のセールにつられてDL版を購…

Outlast Part-3

凶悪ホラーゲーム「Outlast」を攻略中。 引き続き、異常な気配のする精神病院内を取材目的で探索する主人公。 しかし、こんな記者魂あふれる人間が現実社会に存在するだろうか? とてもじゃないがこんな場所に武器も持たず、単独で潜入するなど人間業ではな…

Destiny Part-1

大幅なシステムアップデートを含むDLC「降り立ちし邪神」が9/15に先行リリースされ、ついにDestinyの2年目が始まってしまった。 これでまたDestiny漬けの日々が続くことを考えれば、へたれガーディアンでもある私も武者震いが止まらないが、ひとまずこのDLC…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-22

さて、このプレイ日記も20回を超えてきたので、そろそろ本作の概要なり、緻密に構築された世界観を簡単に解説しておこうと思う。 これから本作を始める方には、前知識として知っておくのもいいかもしれない。 まずはじめに、ウィッチャーが何者なのか、とい…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-21

メインクエスト「ルーヴェン伯爵の宝」と「ジュニアを探せ」を進める前に1つ報告がある。 ゲラルトがLevel18に達したので、グリフィン流派(上級)を装備することが出来たのだ。 と言っても、すでにLevel16ぐらいでこの防具自体は完成していたのだが、本作で…

Batman : Arkham Knight Part-2

引き続き、Arkham Knightを攻略中。 前回の記事でも述べたように、過去のシリーズをプレイしてきた人にはお馴染みのゲームシステムとなっており、これは「探偵」としての顔を持つバットマンの捜査シーンについても同じだ。 事件現場における、死体の実況見分…

Batman : Arkham Knight Part-1

Rocksteady社の開発によるBatmanシリーズ最終章、Arkham Knightを攻略開始。 1作目の「Arkham Asylum」から、私を含めた巷のバットマン好きからも大変評価の高いシリーズであり、その三部作の最後となればこちらもしっかりと見届けるほかあるまい。 ただ、私…

Outlast Part-2

引き続き、凶悪ホラーゲーム「Outlast」を攻略中。 前回でも紹介したように、プレイヤーはある精神病院へと潜入取材を試みている。 オープニングはそれこそ死体ばかりで人の気配もなかったのだが、各部屋を探索していくと普通の患者にも出会うことになる。 …

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-20

ダンディリオンの身に危険が迫っているという情報を得たゲラルト。 その調査のためにノヴィグラドにある大浴場にやってきた。 もちろん、ここはテルマエロマエな混浴である。 当然ながら、ゲラルトもこの浴場では服を脱ぎ捨てた。 ウホッ!いいカラダ! 失礼…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-19

前回「手がかりを追って」というサイドクエストに手を付けてみたのだが、どうやらメインクエストの方を先に進めないといけないらしい。 同業者のランバートとのクエストだが、スケリッジ諸島という地域に向かうにはダンディリオン探索のクエストを進めるしか…

Outlast Part-1

海外製ゲーム、いわゆる洋ゲーには日本で発売されないものが結構ある。 例えば日本で知名度の低いキャラゲーなどは、果たして損益分岐点まで売上が達するかどうかの情勢を見極める必要があり、ローカライズを引き受けるパブリッシャーも当然ながら慎重となる…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-18

さて、ダンディリオン探しのクエストが単調に感じてしまったので、サイドクエストでお茶を濁そうと思う。 それはそうと、このノヴィグラドの街では物乞いの王が支配するゲットーが存在するのだが、その入り口入ってすぐ左の建物の中にいる商人について。 こ…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-17

ダンディリオン探しの日々。 展開的にここまで引っ張るのは何か仕掛けがあるのだろうか。。。 血まみれ男爵のクエストも相当なボリュームがあったと思うが、このダンディリオン追跡のクエストは恐らくそれ以上。 1つ1つの会話が面白いので作業感はそこまで感…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-16

前回から引き続き、ダンディリオン探しのクエスト「夢のつづき」を進行中。 ダンディリオンが使っていた部屋から手帳を調べ、そこで彼と関係が深かった人物をピックアップし、直接会って情報を聞き出すしかないというレトロな手段。 と、ここで新キャラが登…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-15

シリを追ってノヴィグラドにやってきたゲラルト。 半年前に別れた(?)元彼女らしきトリスには意外なほどあっさりと再会出来た。 しかし赤髪の魔法使いとは開発者のセンスを感じる。 洋ゲーは女キャラが不細工、という暗黙の了解は今宵、過去のものとなった…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-14

さて、メインクエストに戻る前に、ゲラルトの装備を整えてみた。 こちらはグリフィン流派と呼ばれる防具一式である。 何だかパっとしない見た目だが、この装備を揃えるにはちょっとした手間がかかる。 所謂トレジャーハントタイプのクエストとなっており、ま…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-13

さて、血まみれ男爵が自分の妻を取り戻すと喚いてうるさかったのを覚えているだろうか。 私はレベル上げに忙しかったのでこのクエストをほったらかしにしていたが、そろそろ協力してやろうかと思い、妖婆の住むクルックバック湿原へ向かった。 すると現地に…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-12

規制だらけのラブシーンから一夜明け、ねずみの塔へ行くと、ちょうどキーラに会うことが出来た。 彼女に頼まれてこの塔を浄化したのはゲラルトだが、彼女の目的は別のところにあった模様。 彼女を問い質し、みるみるうちに不機嫌になっていくゲラルト。 字幕…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-11

前回、キーラの頼みを聞いてねずみの塔を浄化したのだが、その御礼にと食事に誘われたゲラルト。 このシックな大人の雰囲気、いよいよかと身構える私。 それにしても、この選択肢には笑ってしまった。 「セックスをしに来たんじゃないのか」 さすがゲラルト…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-10

「森の貴婦人たち」を終え、血まみれ男爵に妻の所在を報告。 そして約束通り、シリの情報を得ることが出来た。 一時期、男爵の砦に匿われていたシリだが、怪物との戦闘でウィッチャーの能力を使ってしまい、そのせいでワイルドハントに居場所を嗅ぎ付けられ…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-9

メインクエスト「森の貴婦人たち」も終盤である。 囁きの丘で悪霊を解放し、クルックパック湿原の子供達を妖婆から救うことが出来た。 その報告に向かったが、そこでついに妖婆たちの姿が明らかに。 oh...タペストリーに描かれた絵とは想像もつかない異様さ…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-8

メインクエスト「森の貴婦人たち」を攻略中。 ここでもシリの情報と引き換えに貴婦人たちからおつかいを頼まれることになる。 またこのパターンかと失笑してしまうが、「人生はギブ&テイクなのさ」と開発者に諭されているようでこちらも淡々と従うほかない…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-7

予告通り「森の貴婦人たち」を攻略中。 キーラから聞かされていた3人の魔女には実体がなく、タペストリーに縫い込まれた存在だった。 しかしこれがホーンテッドマンションのように動いたり喋ったりするわけでもない。 どのようにしてコンタクトを取るかとい…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-6

血まみれ男爵の家族の捜索は一旦停止、サブクエストを消化する日々である。 このゲーム、移動は徒歩か馬がメインだが、登山を趣味とする私にとって自然の荒野を彷徨うのは決して嫌いじゃない。 風鳴りや木々の軋む音、そして遠吠えする狼の声など、環境ノイ…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-5

血まみれ男爵にまつわるエピソードはメインクエストなので尺が長い。 途中の回想シーンでは再びシリを操作する場面に出くわした。 この時のムービーで明らかになったのだが、シリはこれでも男装しているらしい。 全然気が付かなかった。 男装とはいえ、とて…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-4

引き続き、血まみれ男爵の家族の捜索。 途中、祈祷師の家で間抜けなクエストを挟んだが、そのおかげでようやく核心に迫ることが出来た。 男爵は最初から怪しい依頼人だったが、案の定、事の発端は彼の行動にあったようだ。 そこに日本の妖怪話のような尾ひれ…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-3

メインクエスト「家庭の事情」を進めていたが、推奨レベルに達していない状態だった為、「魔女狩り」というクエストを先に片付けることにした。 このクエストではキーラ・メッツという女魔術師と共闘することになるのだが、やはりこうした疑似協力プレイは楽…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-2

メインクエスト「謁見」ではこれまでのゲハルトの足跡を会話の選択肢によってプレイヤーに選ばせる「遊び」が見られたが、この辺りはシリーズのファンに対するサービスの意味もあるのだろう。 前作はおろか初代さえまともにクリアしていない私からすれば少し…

The Witcher 3 : Wild Hunt Part-1

操作性の向上など数々のアップデートが適用された「ウィッチャー3:ワイルドハント」を購入。 それまでの 「レッド・デッド・リデンプション」的な所謂ロックスター社製にありがちな慣性の効いた重い挙動から解放された今、ファンタジーRPG好きとして本作を…

The Last of Us レビュー

はじめに The Last of Us(以下、LoU)はクラッシュ・バンディクーやアンチャーテッドなど有名タイトルを多数輩出してきたNaughty Dog社が開発したTPS作品。 PS3専用タイトルのため、発売元はソニー・コンピュータエンタテインメントである。 2013年6月14日…

ルミネス エレクトロニック シンフォニー レビュー

はじめに ルミネス エレクトロニック シンフォニーはQ ENTERTAINMENTが開発、UBI SOFTがパブリッシャーを務めた音楽系落ち物パズルゲーム。 現時点でのプラットフォームはPlayStation Vitaのみとなっており、日本国内では2012年4月19日に定価3,990円でリリー…

NeO的ゲームオブザイヤー’2012

2012年にリリースされた新作ソフトを勝手にランキング。メインはXbox 360ですが、今回はパッケージ販売、ダウンロード販売を分け隔てなく選びました。(作品の出来というよりも管理人の趣味嗜好に基づいたランキングとなりますので、その点はご了承願います…

Halo 4 レビュー

はじめに Halo 4はBungie社からシリーズを引き継いだ343 Industries社が初めて本編を手掛けたFPS作品。 343 Industries社はこれまでHalo Waypoint(Halo全般に関わるオンラインサービス)、Halo Reach(セカンドマップパック)、Halo: Combat Evolved Annive…

007 慰めの報酬 レビュー

はじめに 007 慰めの報酬(原題:007 Quantum of Solace)はCall Of Dutyシリーズを手掛けるTreyarch社が開発したFPS/TPS作品。 2008年10月31日にヨーロッパで先行発売され、翌月の11月4日には北米でもリリース。日本版は遅れること2009年3月26日に発売され…

NeO的ゲームオブザイヤー’2011

今年リリースされた作品の中で、実際にプレイしてクリア済みのものだけを勝手にランキング。毎年恒例企画となりましたが、それでは10位から1位まで、どうぞ! 第10位「Mortal Kombat」 海外発の3D対戦格闘ゲームとしては恐らく史上最高峰のクオリティを誇る…

Halo:CEA レビュー

はじめに Halo: Combat Evolved Anniversaryは343 Industriesが手掛けたHalo: Combat Evolved(以下、Halo 1)のリメイク作品。 元となるHalo 1はBungieがデベロッパーを務め、Microsoftがパブリッシャーとなり、2001年11月15日に北米で発売。 (日本版は翌…

Rocksmith プレビュー

はじめに RocksmithはUbisoftが開発、宣伝を手掛けた本物のギターを使った音楽ゲームソフト。 2011年10月18日にPS3とXbox 360で発売された。また、PC版となるWindows版は2011年12月13日に発売予定である。(発売延期の模様。)日本版は現時点(12/6)では発…

Batman Arkham City レビュー

はじめに Batman Arkham CityはBatman Arkham Asylumの続編として2011年10月18日に北米で発売された(日本版は11月23日)。 デベロッパーは前作と同じRocksteady Studiosが務め、パブリッシャーはWarner Bros. Interactive Entertainmentとなる。 前作のBatm…

Dead Island レビュー

はじめに Dead IslandはポーランドのTechlandによって開発されたFPS作品。パブリッシャーはDeep Silver。(日本ではスパイクが担当。) オリジナルとなる海外版は2011年9月6日に、日本版は10月20日に発売された。CEROレーティングはZ。 これについて海外版と…

Dante’s Inferno レビュー

はじめに Dante's Infernoはイタリア文学の古典「神曲」をベースにした3Dアクションゲーム。 「神曲」は地獄編、煉獄編、天国編の3部作からなるが、本作はタイトルにもあるように地獄編、つまり第一部となる。 原作の地獄編では9つの地獄エリアが描かれてお…

Rage レビュー

はじめに Rageはid Softwareが開発、ベセスダソフトワークスがパブリッシャーを務めたFPS作品。 開発が明らかになったのは2007年6月。2011年10月4日に発売されたことから、およそ4年の歳月をかけて製作されたことになる。 日本版はフルローカライズ(吹替)…

NeO的ゲームオブザイヤー’2010

さて、今年のXbox 360のナンバーワンタイトルを決める時期がやってきました。昨年の1位は「CoD:MW2」でした。それでは超私的目線で10位から1位までを勝手にランキング!(国内で今年発売されたものに限ります。) 第10位「バトルフィールド:バッドカンパニ…

NeO的ゲームオブザイヤー’2009

2009年の個人的ベスト5の発表です。(ちなみに2009年に国内で発売されたものに限ります) 第5位「DiRT 2」 車ゲーの中でもタイトル通りのダート路面にこだわったシリーズの続編。物理演算とか細かい事は抜きにして、レース本来の根源的な楽しさを提供してく…